会則 令和元年度

奈良県立大学同窓会 会則

第一章 総 則

(名称)
第1条 この会は、奈良県立大学同窓会(以下「本会」という。)と称する。

(事務所)
第2条 本会の本部は、奈良県立大学(以下「本学」という。)事務局内に置く。

第二章 目的と事業

(目的)
第3条 本会は、会員の文化的、経済的な向上を目指し、相互の親睦及び本学の発展を図ることを目的とする。

(事業)
第4条 本会は、前条の目的を達成するために、次の事業を実施する。
(1)会員の名簿管理にかかる業務
(2)定期総会、臨時総会、役員会及びその他諸会議の開催
(3)会報の発行
(4)会員相互の親睦に関する事業
(5)定期講演会及び研修会等の開催
(6)在学生を対象とする学部支援活動
(7)本学における各種行事への参加及び助成事業の実施(8)その他、本会の目的達成に必要な各種事業の実施
2 本会が実施する事業等においては、宗教活動、政治活動及び営利目的の活動並びにこれらに類似する行為を禁止する。

第三章 会 員

(会員)
第5条 本会の会員は、次のとおり、正会員及び特別会員並びに準会員とする。
(1)正会員は、奈良県立大学、奈良県立商科大学及び奈良県立短期大学を卒業した者とする。
(2)特別会員は、本学の現旧教職員とする。
(3)準会員は、本学の在校生とする。

(会費)
第6条 会員は入会の際、1万円を納付するものする。
2 特別会員の会費は、無料とする。
3 既納の会費は返還しない。但し、改正前に納めた会費については従前の例による。

(住所移転等の届出)
第7条 会員は、氏名及び住所などを変更したときは、速やかにその旨を届け出るものとする。

(退会)
第8条 会員は、退会届を提出することにより、いつでも退会できる。

(除名)
第9条 会員でこの会則及び総会の決議に違反した者並びに本会の名誉を傷つける行為のあった者は、役員会の議決により除名することができる。

(会員資格の喪失)
第10条 会員は、次の理由によって会員資格を喪失する。
 (1)退会したとき
 (2)死亡したとき
 (3)除名されたとき

第四章 役 員

(役員の資質)
第11条 役員は、本会活動の中心にあってその事業を推進していくものとし、次のような資質を有する者とする。
 (1)本会が実施する事業に精通していること。
 (2)事業のマネジメント能力が優れていること。
 (3)責任感が旺盛で奉仕の精神に溢れ、公私を混同しないこと。
 (4)人格と見識を有し、本会名義を悪用することのないこと。
 (5)役員会など運営に積極的に参画できること。

(役員及び顧問)
第12条 本会は、正会員の中から次のとおり役員を置く。(1)会 長     1名
(2)副会長     3名
(3)理 事    若干名
(4)監 事     2名
2 本会は、本学に関係のある者の中から顧問を置くことができる。ただし、顧問は、本会において特に功績等があった者とし、役員会で推薦し、総会において承認されなければならない。

(選出)
第13条 前条第1項の役員は、正会員の中から次のとおり選出する。
2 会長は、理事の互選による。
3 副会長は、会長が理事のうちから推薦し、役員会の承認を得た者とする。
4 理事及び監事は、相互に兼ねることができない。

(任期及び変更)
第14条 役員の任期は3年とし、再任を妨げない。
2 定期総会の開催されない年度中の役員の変更等については、その都度、役員会の承認をもってこれに替えることができる。ただし、この場合は、直近年度の総会において事後承認を得なければならない。
3 前項による役員の変更等があった場合の任期は、前任者の残任期間とする。

(任務)
第15条 役員の任務は次のとおりとする。
(1)会長は、本会を代表し会務を統括し、総会及び役員会等を招集してその決議執行の任にあたる。
(2)副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、あらかじめ定められた順位に従いその職務を代行する。
(3)理事は、役員会を組織し、会長及び副会長と協力して本会の職務を執行する。
(4)監事は、会務及び会計を監査し、役員会及び総会に出席して意見を述べる。
2 顧問は、本会の運営について役員をサポートし、担当の職務を遂行する。

(役員の解任)
第16条 役員は、総会の決議によって解任することができる。
2 前項の規定にかかわらず、役員が第11条の条件を満たさないと考えられる場合は、役員会の決議によって解任することができる。
3 解任されようとする役員は、前項の議決に加わることができない。
4 解任された役員は、本会に対して解任によって生じた損害の賠償を請求することはできない。

(守秘義務)
第17条 役員及び顧問は、その職務において知り得た個人情報に関する事項については、別に定める「奈良県立大学同窓会個人情報に関する基本方針」により守秘義務を負う。

第五章 総会および役員会

(総会)
第18条 総会は、本会の正会員をもって構成し、本会の最高議決機関とする。
2 総会は、3年に1回以上適切な時期に開催するものとする。ただし、会長が必要と認める場合及び役員会の決議により臨時に総会を開催することができる。
3 総会は、会長が招集する。

(総会の議決事項)
第19条 総会は、次の事項を審議し議決する。
(1)会則の制定及び改廃
(2)予算及び決算
(3)事業計画及び事業報告
(4)役員等の承認
(5)本会の財産の運用及び処分
(6)入会金及び会費
(7)その他役員会において必要と認めた事項
2 総会の議決は、出席者の過半数により決する。ただし、可否同数の場合は議長がこれを決する。

(役員会)
第20条 役員会は、第11条第1項の正会員をもって構成し、総会に次ぐ議決機関とする。
2 役員会は、毎年1回以上開催することとする。ただし、会長又は役員の過半数の要請があった場合は、会長は随時これを招集し、臨時に役員会を開催しなければならない。

(役員会の審議事項)
第21条 役員会は、次の事項を審議する。
(1)総会に提出する議案
(2)役員の選出
(3)会則に基づく規則等の改廃
(4)その他必要な事項
2 役員会は、構成人員の過半数の出席により成立し、議事の議決は出席者の過半数により決する。ただし、可否同数の場合は会長がこれを決する。

第六章 議事録

(議事録の作成)
第22条 総会の議事については、次の事項を記録した議事録を作成し、会員に公開しなければならない。
(1)日時及び場所
(2)出席した会員の数
(3)議決事項
(4)議事の経過及び結果並びに発言者の発言要旨
(5)議事録署名人の選任に関する事項
2 役員会の議事については、総会と同様の議事録を作成しなければならない。ただし、前第2号については、出席した会員の数でなく出席者名を記述する。

(議事録の承認)
第23条 総会の議事録には、出席した会員のうちから、総会において選任された2人以上の議事録署名人及び議長が署名しなければならない。
2 役員会の議事録の承認は、次回役員会で議事録の承認を得るものとする。

第七章 会 計

(会計年度)
第24条 本会の会計年度は、毎年4月1日より翌年の3月31日までとする。

(本会の経費)
第25条 本会の経費は、入会金、会費基本利子、寄付金及びその他の収入をもってこれにあてる。

(会計報告)
第26条 会計報告は、毎年役員会で審議し、会計監査を経て総会に報告し、その承認を得なければならない。

(予算執行)
第27条 予算執行等については、別に定める会計規則によるものとする。

第八章 雑 則

(細則の制定)
第28条 この会則に定めるもののほか、役員会の承認を得て別に細則等を設けることができる。

附 則

・この会則は昭和32年10月20日から施行する。
・平成2年4月1日   一部改正
・平成7年10月15日  一部改正
・平成13年4月1日   一部改正
・平成15年5月18日  一部改正
・平成19年11月11日 一部改正
・平成22年11月7日  一部改正
・平成25年10月6日  一部改正
・平成30年3月25日  全部改正
・令和1年11月3日  一部改正